「”届けよう服のチカラ”プロジェクト」とは?

子どもたちが主体となって、着なくなった子ども服を回収して、難民の方々など世界中で服を本当に必要としている人々に届ける活動です。

この活動を通じて、次世代を担う子どもたちが国際問題や環境問題に関心をもつだけでなく、服のチカラを知り、自分にもできる社会貢献があると気づくきっかけになればと思っています。

活動のはじめに、ユニクロ・ジーユーの社員が講師となって、難民問題や服の役割など服のチカラについて出張授業を行います。

その後、子どもたちが校内・地域へ協力を呼びかけ、子ども服を回収・発送します。最後に、難民キャンプに服を届けた様子のフォトレポートを学校にお届けします。

実際の衣料支援活動に結びついた、ユニクロ・ジーユーならではの次世代教育プログラムです。

出張授業

ユニクロ山口店・ユニクロ防府店からも毎年、スタッフが講師として取り組みに参加しています。

過去の実績

ユニクロ山口店、防府店のスタッフが講師として参加した学校数です。

2016年

  • ユニクロ山口店 :2校
  • ユニクロ防府店:1校
2017年

  • ユニクロ山口店 :3校
  • ユニクロ防府店:1校
2018年

  • ユニクロ山口店 :1校
  • ユニクロ防府店:1校

2018年度の応募は終了しました。

来年度の募集は2019年2月頃の開始を予定しております。

ユニクロ|サステナビリティ|”届けよう服のチカラ”プロジェクト