blog

ユニクロDiary#30大人のチョイゆるニット

今日は久しぶりにメンズアイテムについて、たっぷりとお話をしたいと思います!

寒さも増して、そろそろ冬物が本格的に必要になってきました。男性の皆さん!この冬は何を着て過ごしますか?

お休みの日の服装「オシャレでありたい」と思う反面「出来るだけ楽な服装がいい」って思っていませんか?

10代20代の頃は「オシャレは我慢だ」と思っていたかもしれませんが、30代中盤になると、この傾向は強くなってきます。私もその一人です。

今日は「ラクしてオシャレに見せる」そんなアイテムをご紹介したいと思います。

 

アイテム紹介の前に、

オシャレに見せるにはコツがあるんです。このコツを実践するだけで服選びが楽しくなりますよ!

一つが〈サイズ選び〉

見た目を大きく左右する要素がサイズ。大きすぎる服や小さすぎる服は、だらしなく見えたり、良い印象を与えません。最近は大きめの服を着ることも流行っていますが「オーバーサイズ」のように大きめに作られた服を着るのと大きいサイズの服を着るのは違うので気を付けましょう。

大きめが流行っているからって普段 Mサイズの人が XLサイズを着るのは無しですよ。

二つ目が〈表情〉

生地の編み方や素材によって服の表面にできる影や光沢のことです。光の当たり方や動きによって影の出方が変わるので表情という呼ばれ方をします。

この二つを意識して服を選ぶとオシャレに見えてきます。

ここで本日のアイテム紹介!

Today’s item

  • リブクルーネックセーター
  • 感動パンツ

今日のテーマは

『大人のチョイゆるニットコーデ』

 

先ほどの表情を出す服としてオススメしたいアイテムが〈リブクルーネックセーター〉です。

ミドルゲージでやや厚みのあるセーターで、先ほどの表情を生み出すのがリブです。(あぜ編みとも言われます)リブが服の表面に小さな凸凹を作り、影と自然な光沢を生み出します。リブセーターを着るだけでオシャレに見える要素の表情を作り出してくれます。

 

シャツの上に着て良し、一枚で着て良しの着こなしの幅が広いクルーネック(丸首)セーターです。

この秋冬はクルーネックのセーターに注目していただきたいと思います。シャツに合わせる場合、Vネックだとキッチリしすぎ(キメ過ぎ)感が出てしまうところも、クルーネックだと「きちんと感」は残しながら、程よくリラックスした印象に仕上げることができます。

この「程よくリラックス」というのがトレンドにもなっていますので、リブクルーネックセーターが一着あると着こなしがガラッと変わるはずです。

リブクルーネックセーターは税抜2990円。無地3色、ボーダー柄3色の全6色展開です。

今日はテーマに「大人の」とありますので、ボトムスは感動パンツをチョイスしました!

見た目はスラックスのようなきれいめボトムスながら、まるでジャージを履いているかのようなラクな履き心地が魅力です。

ボトムスでも「ラクしてオシャレ」を実践しています。

ボトムスのこだわりは少し短かめに裾上げして、スニーカーを合わせること!

一見ミスマッチのようにも感じますが、トップスのニットがカジュアルなので、スニーカーのでもバランスが良くなりますよ。それに、スニーカーの方がラクですからね。

全身で「ラクしてオシャレ」してます!

リブクルーネックセーターも掲載されている今週のチラシはコチラ

UNIQLOチラシ